賃貸アパートでも引っ越しの挨拶をしておいて良かったと思った事

近所との挨拶

◆こちらの記事の続きです◆
賃貸アパート引っ越しの挨拶どうする?タイミングは?持って行く品物は?のしは?

前回の記事で、私が引越しをした際の、挨拶のタイミングや持って行く品物の話をしましたが、今回は・・・

「引っ越した時に挨拶をしておいてよかったな」と思った話をしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

賃貸アパートだけど引っ越しした時に挨拶をしておいてよかった!と思った事

前の記事でも書いたように、私は考え方的に古い部類に入るであろう「昭和四十年代生まれ」( *´艸`)コウハン ダケドネーw

親(昭和十年代生まれ)の年齢を含めた「時代・世代」という意味でも、幼少期に住んでいた場所の環境においても、近所で会う人にはハキハキ挨拶すべし!と躾け(しつけ)られました。

さすがに、賃貸アパートで暮らすようになってからは、近所ですれ違う人全員に挨拶はしなくなりましたが、ゴミ捨て場で会う人や明らかに近所に住んでいるとわかる人には、声をかけるのに抵抗はありません。

「向こう三軒両隣」みたいなことが当たり前で、「オカズ作りすぎちゃったからおすそ分け♡」なんてのが日常茶飯事のホンワカした時代でしたねー・・・と、あれ?早々に話が逸れだした^^;スミマセン

 

同じ賃貸アパートに住んでいる住人同士の話に戻しますね。

 

引越しをした際にご挨拶に伺ったことによって、バッタリ会った時にもお互いスムーズに「おはようございます」とか「いってらっしゃい」とかの挨拶をしていました。

まぁそれは「なんとなく気持ちがいいよね♪」程度のこと。(それも大事だけど♪)

でも、私が「引っ越した時に挨拶に行って、普段も挨拶する関係になっていて良かった!」と、強く思ったのは【日常と違うことが起きた時】です。

 

◆東日本大震災の時

◆台風やその他の理由で突然停電になった時

◆謎の理由でアパートの警報が鳴り響いた時

 

そんな日常と違うことが起きた不安な時に同じ建物に住んでいる人と・・・

「何かあったら言って下さいね」と声を掛け合えた事とか

「なかなか復旧しないですね。○○が原因らしいですよ」と、解決にはならなくてもちょっと言葉を交わせたこととか

「どうしたらいいんですかね?」「不動産屋に連絡してみます?」などと相談出来たこと。

すごく心強かった。

 

賃貸アパートの住人だけど顔見知りになることで得られた安心

結果として「具体的に協力して何かを成し遂げた」みたいなことは無かったんです、幸いにも。

停電の時や警報が鳴り続けた時※何も起きていないことは確認済みなんかは、「困りましたね~」なんて言いあうだけで、別に何の解決にもならなかったですしw

 

でも・・・

 

「何か困ったことが起きたら協力しましょう!」という体制の確認

「謎の警報が鳴っているけどどうやら問題は起きていない」という情報共有ができたことや

「何かが起きていることにお互い気が付いていて、様子見てます」という状況確認が出来たおかげで

一人(またはうちの家庭だけ)でアワアワ不安になることなく、状況を見守れたと思ってます。

 

しといてよかった!引っ越し時の挨拶、と思いました。

スポンサーリンク

引っ越しの挨拶で知れた同じアパートの住民の家族構成

引っ越しの挨拶には、夫と二人で行き「気を付けて生活しますが、うるさかったりしたら遠慮なく仰ってください」と伝えていました。

すると先住民(笑)の方も

「うちは息子が3人いるので、こちらこそご迷惑おかけするかもしれません。何かあったら言ってくださいね。」

「うちは病気の姉と二人暮らしで、私が夜中に仕事に行っているのでご迷惑をおかけするかもしれません。」

もうすぐ子供が生まれるのでお騒がせすると思います、すみません。」

と、家族構成や生活の状況を教えてくれました。

 

詳細まではわからなくても、最初にお互いの暮らしをふんわり知ることが出来たのも、挨拶に行って良かったなと思うことの一つです。

何かあった時に(幸い今のところそういう状況にはなっていませんが)多少なりともお互いの事情が分かっているというのは、助け合いがスムーズになるかな、と思ってます。

 

あと・・・ちょっと「ん?それは・・・だめだよね^^;」と思うことを、住民のお子さんがしているのを目撃したことがあったのですが、普段からご挨拶していたので「実はコレコレこうで・・・」とお伝えしに行った際にも、トラブルにはならず気持ちよく解決したこともありました。

 

賃貸アパートの近隣に住んでいる人ともご挨拶していた結果・・・

近所であったらご挨拶世代、の私。

同じアパートの住人だけではなく、隣り合った一軒家のお宅のご家族にもご挨拶をしているのですが・・・

住んでいる賃貸アパートの一角が「畑」に面していて、そこで作業されているお婆ちゃんとおば様にも、ちょっとしたきっかけがあってご挨拶をするようになりました。

そしたら・・・

若いのにちゃんとご挨拶してくれて偉いわね~♪」なんて話になったようで( *´艸`)ワカクハナイノダガーw

 

なんと、畑でとれたお野菜をおすそ分けしてくださいました♪

 

ドーン!!

新鮮野菜

 

ドーン!!

新鮮野菜

 

で、タイミングってうまく出来てるもので・・・

 

お野菜を頂くことがわかっていたかのように、普段作らないスイートポテトや黒豆の甘納豆を大量作成した直後だったりして、良いタイミングでこちらからもおすそ分けが出来ました♪

 

甘納豆~♪

手作り黒豆甘納豆

 

スイートポテト~♪

手作りスイートポテト

 

頂いたお野菜はそりゃもう新鮮で美味でございました(*’▽’)♪アリガトウー

・・・差し上げたお菓子が、お口にあったかどうかは不明( *´艸`)ダイジョブダッター?

 

えー・・・

引越し時の挨拶から話が完全に逸れていることには薄々気が付いておりますが・・・

とにかくご近所さんに挨拶をしていると良いことがある!!

ってことで、〆させていただきます(笑)

 

次は、逆の話( ;∀;)
続き→引っ越し時の挨拶は賃貸アパートで隣人とのトラブル回避につながると痛感した話

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました