ドラムの始め方 ドラムを始める為の道具を用意しよう①|一打目♪

ドラムの道具を用意しようその1

こんにちは、ちどりです♪

では、早速ドラムを叩くための準備を始めていきますね♪

一打目の今回は、ドラムを叩くのに必要なスティックの用意についてお話します。

ドラムの始め方を最初から読む→ドラムの始め方 まずはココから|0打目

ドラムスティックとは?

ドラムを叩くのには、ドラムスティックと呼ばれる2本の棒を使います。

分かりやすくいうと太鼓のバチですね。

ドラムスティック

↑コレです。

このドラムスティックがないとドラムを叩く事ができないので、まず最初の準備としてドラムスティックを購入します。

正式名称はドラムスティックですが、大体「スティック」と呼ぶ事が多いです。

価格は種類によって違いますが、大体1セット2本で千円前後で販売されています。

ドラムスティックの種類

ドラムを叩くスティックは、楽器屋さんで取り扱っているのですが(購入場所は後ほど説明します)ひとくちに「ドラムスティック」と言っても・・・

・メーカー
・材質
・形
・長さ
・重さ
・塗装の仕上げ
などなど・・・

種類が山のようにあります。

ドラムスティックの選び方

山ほど種類があるスティックはそれぞれ素材の特性・形によって音の粒立ちの違いなどがあり、慣れてくれば自分が使いやすいスティックが分かってきますが、初心者の場合「どれを使えばいいのか分からない」と思います。

私も初心者の時にはどれを選べばいいか全く分からず、身近なドラマーが使っているものと同じスティックを購入しました。が、後から考えると非常に重くて太いスティックで私の手には合わないものでした。よくあれで練習していたな、と(笑)

スティック売り場に行って、色々と触ってみて「手に馴染む(様な気がする)」というものを選んだり、店員さんに相談するのもひとつの選び方なのですが・・・

「店員さんがドラマーとは限らない」「早く売ってしまいたい在庫品を薦められる可能性」なども無いとは言えません^^;

スティックの使い方もよく分からず、ドラムを叩いた事もない段階では「触ってみてもやっぱりよくわからない^^;」となってしまうと思います。

初心者にオススメのドラムスティック

と言う事で・・・

何種類ものスティックを使ってきた私が、初心者にオススメのスティックを紹介します。

メーカー:TAMA(タマ)
素材:ヒッコリー(木の種類です)
型番:H2145-B

長さ・太さ・重さなどに特別なクセが無く、叩き方が安定しない初心者でも音のばらつきが少なく、塗装はつや消しの薄いラッカー仕上げなので滑り止めの効果もあり、男性でも女性でも使いやすいです。

初心者が最初に買うスティックとして、私はTAMAのH2145-Bをオススメします♪

ドラムスティックはどこで売っている?

スティックの買い方は・・・

・店頭で買う
・通販で買う

の2パターンがあります。

ドラムスティック店頭で購入する場合

ドラムスティックは楽器店で取り扱いをしています。

ですが、楽器店にも種類があり「どこでもドラムスティックを置いているわけではない」ので注意が必要です。バイオリンやピアノなどを専門に扱っているところだと、置いていなかったりあっても種類が非常に少なかったりします。

インターネットで「地域名 楽器店」と検索し、事前に「ドラムスティックを置いていますか?(TAMAのH2145-Bはありますか?まで聞いてもOK!)」と問い合わせをしてから行くようにすると安心です♪

ドラムスティック通販で購入する場合

近くに楽器店が無い場合、便利なのが通信販売です。

ドラムスティックを取り扱っているところは色々とありますが、サウンドハウスという楽器専門のお店がオススメです。

無料の会員登録をする必要がありますが、在庫があれば発送も早いですし1500円以上購入すると送料が無料になります。スティックは2本一組で千円前後なので、2セット買えば送料無料になります。

ドラムスティックは1組(2本)あればいい?

「ドラムを続けるかどうか分からないし自分に合うスティックもまだよく分からないのに、いきなり2組買うのはちょっと抵抗がある」と思うかもしれませんが、可能であればドラムスティックは同じ種類の物を2組購入する事をオススメします。

と言うのも・・・

実はスティックって消耗品なんです。素材が木なので、使っていると折れます。

ドラムスティックがボロボロに

↑こんな感じ。

ですが、初心者がいきなりスティックを折ってしまうという事はほとんど無いんです。でも、可能性はゼロではない。1本折れてしまうと・・・練習になりません^^;すぐに買いにいけるところに楽器店があればまだいいのですが、先ほどお伝えしたサウンドハウスでは、2組買うと送料が無料になりますし(笑)可能であれば2組購入しておくといいと思います。

ドラムスティックのケースは必要?

店頭で店員さんに相談してスティックを購入する場合「スティックケースも必要ですよ」と薦められる可能性があります。

後々スティックケースは必要になってきますが、最初から購入しなければいけないものでは無いので、最初は用意しなくてもOKです。

私が教えている生徒さんは、よく分からないまま店員さんに勧められた無駄に巨大なスティックケースを購入してきちゃいまして(笑)使いづらくてすぐに買い換えてました^^;

ドラムを始める為の道具を用意しよう①|一打目♪ まとめ

◆ドラムスティックとは
→ドラムを叩くのに必要なもの。太鼓のバチ。2本一組。

◆ドラムスティックの種類
→メーカー・素材・長さ・重さ・形・塗装など沢山の種類があります。

◆ドラムスティックの選び方
→初心者のうちは何がいいか分からない。憧れのアーティストのモデルを買って失敗する場合も←私の話です(笑)

◆初心者にオススメのドラムスティック
→TAMAのH2145-B ※手が小さい方やお子さんの場合はもっと細いほうがいい場合もあるのでご相談くださいね

◆ドラムスティックを売っている場所
→楽器店店頭または通信販売。ドラムスティックの取り扱いが無い楽器店もあるので、事前に問い合わせをしておくと安心。

◆ドラムスティックは2組あると安心
→一組でもOKですが、折れたり無くしたり(あんまり無くさないか。笑)した場合の事を考えて、可能であれば同じ種類の物を2セット用意することをオススメします(絶対ではないです)

◆ドラムスティックケース
→ゆくゆく必要になるものですが、最初から購入する必要はナシ。

・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・♪・・・

ドラムを叩くのに必ず必要なドラムスティックを手に入れて、ドラマーへの第一歩を踏み出しましょう♪

続きはコチラ
ドラムの始め方 二打目♪
ドラムを始める為の道具を用意しよう②

ブログランキング

質問や感想などは、各記事の「コメント欄」または、ブログ上部にある「お問い合わせ」から承っておりますので、どうぞお気軽に書き込んでくださいね♪確認次第お返事します♪

ブログランキングに参加しています♪
記事がお役に立てましたら
ポチッ♪ポチッ♪とお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする