どのくらい練習すれば叩けるようになる?

「ドラムってどのくらい練習すると叩けるようになるの?」

 

コレ、たまに聞かれるんですけどね・・・

 

正直、答えに困ります(^^;

 

何故かと言うと・・・

 

ドラムって、とりあえず叩けば鳴るんですよね(笑)

 

 

いい音が出せる、とか

 

難しいリズムが刻める、とか

 

ものすごい速さで手足が動かせる、とか

 

(色んな)曲を叩ける、となると話は別ですが・・・

 

 

とりあえず「ドラムは叩けば鳴ります」

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドラムって、音を出すのが難しい楽器では無いんです

 

例えば、サックスクラリネットフルートなんかは

 

とにかく、ただ音を鳴らすのにもコツが必要になるので

 

人によっては、いつまで経っても

 

「スースー息の音しかしない」なんてこともあります。

 

 

 

 

バイオリン等の、弓を使って演奏する弦楽器も

 

初めて触ったときには「ぎぎぃぃぃぃ~」

 

聞くに堪えない不愉快な雑音しか出ないことがあります。

 

 

 

 

 

その点、ドラムはとりあえず「ドン!」とか「タン!」とか

 

太鼓自体の音は、初心者でも最初から鳴らすことが出来ます。

 

 

 

 

 ・・・・・。

 

 

 

 

いや・・・

 

 

別に「ドン!」とか「タン!」とか

 

やりたい訳じゃないんだけど・・・

 

 

 

 

ハイ!もちろん!

 

わかってます、わかってます(笑)

 

「ドラムは叩けば鳴る楽器・音を出すこと自体は簡単」っていう事を先に説明したかったんです♪

 

 

 

 

どのくらい練習すれば叩けるようになるのか?

 

 

 

ここからは、その人のリズム感やセンスによるんですけど・・・

 

初めて触ったその時から「簡単なリズムは普通に叩けた」ってことも

 

そんなに珍しくは無いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に。

 

 

 

そこそこ練習しても、手足の連動がある意味完璧で(笑)

 

「全部一緒に叩いちゃう」って人も居たりします。

 

 

「右手は上下運動で直線を・左手では三角を」とか

 

「右手は三角・左手では四角」宙に描く運動(?)ってありますよね。

 

アレがいきなり出来る人と、いつまで経っても出来ない人がいるのと同じです。

 

 

 

でも、出来ない人でも練習を繰り返せば

 

身体が動きを覚えていくので、時間はかかっても出来るようになります♪

 

 

 

 

 

 

 

 

と、言うことで。

 

 

 

 

 

 

大雑把に「どのくらい練習すると叩けるようになる?」

 

質問されても、その答えは「人によります」となっちゃうんですよね ^^;

 

 

 

 

 

どんな曲がやりたいですか?

 

漠然と「叩けるようになるにはどのくらい?」と言うより・・・

 

 

 

まず!!

 

 

 

「何が出来る様になると、叩けたことになるのか」という

 

目標も人によって違うと思うんですよ。

 

 

 

と、言うと「叩いてみたい曲があるんです♪」という

 

答えが返ってくることが多いのですが・・・

 

 

 

その曲がどんな曲なのか?

 

バンドで演奏したいのか、音源にあわせて叩きたいのか?

 

完成形のビジョンがどの程度のレベルなのか?など・・・

 

 

 

「何をどこまでやりたいのか?」によっても変わってくるので

 

やはり「どのくらい」とハッキリ答えることって出来ないんですよね ^^;

 

 

 

 

結局自分はどの位かかるのか?

 

 

ここなんですけどね。

 

結局「やってみないとわからない」んですよ。

 

手の指でこういうことが出来る人はドラムに向いてます!とか

 

歌を歌ってスキップをしながらアレができる人はドラムの上達が早いです!

 

とか、そういう判断基準があればいいのかもしれませんが・・・

 

 

 

残念ながら、ございません。

 

 

 

始めたその日に、曲が叩ける人も居ます。

 

何ヶ月も練習して、やっとリズムパターンが叩けるようになる人も居ます。

 

 

 

あなたが・・・

 

 「あなたがやりたいと思っていることをやれるまでに

 

             どのくらいかかるのか?」は・・・

 

 

 

やってみないと分からないのです!】

 

 

スポンサーリンク

 

 

やってみないと分からない!・・・とは言え

 

「そうは言っても・・・なんとなくの目安とか・・・」

 

「楽器をやっていた人はどのくらいとか・・・」

 

「もうちょっと、具体的な話はないの?」

 

 

 

そうですよね^^;

 

 

 

「人によります!やってみないと分かりません!」と・・・

 

これで話を終わらせてしまうのもなんなので、私は考えました。

 

 

 

 

「この日までに!この曲を!叩けるようにならなきゃいけない理由」が、有る?無い?

 

 

 

 

一体・・・

 

 

「このギモンを持つ人の理由・事情って何だろう?」

 

 

 

 

「どのくらいでどこまで上達するのか」が単純に気になるという気持ちは

まぁ分からないこともない。

 

習おうと思うとお金もかかるし、そういう経済的なことで

上達までの目安にしたいとかもあるかもしれない。

 

・・・けど「やってみなきゃ分からない」ってことは、想像すれば誰でも分かる。

でも、どのくらいで叩けるようになるか?を知りたい特別な理由があるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

と、思って・・・

 

 

 

いくつか理由を考えてみました♪

 

 

 

 

「どのくらいで叩けるか?」を知りたい理由

 

A学園祭でバンド(ライブ)をやることが決まり、ドラマーが見つからず

やったことも無いのにドラムを叩くことになった。学園祭まで数ヶ月。

 

 

B:仲間と「オヤジバンド」を組むことになり、昔触ったことがある程度なのに

ドラマーに抜擢された。忘年会や同窓会など宴席で披露する日取りが決まっている。

 

 

C:昔からやりたかったドラムを初めてみたいが、家族の反対にあっている。

説得するために「この位で出来るようになるらしい」という話を説明の材料にしたい。

 

 

D:音楽が好きでドラムに憧れがありやってみたいと思っている。

進学や就職などのことも考えなければならないが、親に反対されている。

どうしてもやりたいので期限を区切ってどのぐらいまで出来るのかやってみたい。

 

 

とか。

 

 

こんなことがあるのかもしれないですよね。

 

 

 

 

・・・想像だけど(笑)

 

 

 

 

 

ということで・・・

 

 

 

 

 

理由別の「今やるべきこと」

 

 

A・Bタイプ 発表の場や、開催日が決まっている場合

 

何が何でも叩かねばならない理由が・・・

 

叩けようが叩けまいが、他にやる人が完全に居ないなら

「もうアナタが期限までに何とかするしかない!」んですよね^^;

となると「どのくらいで出来る様になるかな?」ってことは

ハッキリ言ってどうでもいいことになっちゃいます。

 

とにかく決まっている曲をたくさん聴いてください。

曲のスピードがどんなものなのかを覚えてください。

最初に細かいオカズに拘って「ココがわからない」と悩まずに

とにかく頭から終わりまで、止まらずに叩き続けられることを目標にしましょう。

 

個人練習でもバンドの練習でも、とにかく記録をしてください。

動画が一番ですが、音だけでもかまいません。

それを見て(聞いて)自分なりに、どこが違うのかを考えて

次の練習に臨んでください。

 

身近にドラマーが居れば、分からないことを聞いてみるのもいいですが・・・

やったこともないアナタがドラマーに抜擢されたと言うことは

きっと身近にドラマーが居ないケースが多いですよね?

 

ネットで検索してみると、答えやヒントが見つかったりすることもあります。

このサイトでも、コメント下さった方には出来る限りのアドバイスをさせて頂きます。

頑張れ~~~♪

 

 

コチラの記事も参考にしてみてくださいね↓

 

迷子にならない曲のコピーってどうやるの? ①全体像を把握しよう♪

 

ドラムの練習 リハーサルスタジオを使うには? ①個人練習を活用しよう

 

 

 

C・Dタイプ 誰かを説得するための材料として知りたい場合

 

始めるにあたって単純に目安が知りたい・・・

 

上に書いた様に「何をもってして出来たと考えるのか」や

「それまでにどのくらいの時間がかかるのか」は人によって違います。

くどいようですが、やってみなければ分かりません。

 

でも、あなたはドラムを叩いてみたいんですよね?

 

ならば、今アナタがやるべきことは・・・

 

「上達までの期間を知ること」ではなく

「ドラムをやりたいという情熱を伝えること」です。

 

家族への説得って「何で分かってくれないんだ!」という

気持ちが出過ぎてしまってイライラして、説明が雑になったり

していることがあるかもしれません。

 

会社で何かをプレゼンするような気持ちで・・・

学校で何かの企画を提案するような気持ちで・・・

冷静に「どうしてやりたいのか」とか「やりたいと思ったきっかけ」など

丁寧に話してみるといいかもしれないですね♪

 

そして自分の思いを伝えるだけでなく、

家族がなぜ反対するのか、にも耳を傾けてみてください。

 

その上で、やっぱりやりたいと思うようであれば・・・

 

「根気よく説得を続けて納得してもらう」か

「迷惑がかからない状態でこっそり始めてみちゃう」か(笑)

どっちかですね♪

 

 

コチラの記事も参考にしてみてくださいね↓

 

ドラムを始めるには どうすればいい?

 

定年後・老後の趣味で ドラムをやりたい。  でも・・・

 

 

 

上達のスピードは人それぞれ

 

ドラムに限らず、楽器に限らず、何でもそうですが・・・

 

始めてからどういうスピードで上達していくか、は人それぞれです。

 

 

最初は伸び悩んだけど、コツをつかんだらグググッ♪と上達する人も居れば

 

最初はグングン♪上達したけど、そこからの上達に時間がかかる人も居ます。

 

やっていくうちに、当初の目標と思っていたことが変化していくことも考えられるし

 

やってみたら面白くなかった(笑)ってこともありえます^^;

 

 

特に理由無く「どの位でうまくなるのかな?」って思う気持ちも分かりますが

 

始めようか悩んでいる人は、やってみちゃうのが一番です♪

 

すでに始めていて伸び悩んでいる人は「いつになったら出来るかな?」と考えるより

 

「どこがどう出来ないのか・どこが分からないのか?」を明確にして

 

練習方法を見直したりしてみてくださいね♪

 

 

 

正しい練習をしていれば必ず上達します!

 

練習は裏切りませんから♪ ←これホント!

 

 

コチラの記事も参考にしてみてくださいね↓

 

ドラム上手くなりたい! 「一瞬で変わる事」と「積み上げる事」

 

電子ドラムは初心者の練習にならない?ドラムが上達する自宅練習方法

 

ドラムが上達しない人は練習のやり方が間違っているか基本が出来ていない!

 

 

 

ブログランキングに参加しています♪

ぽちっ♪と応援よろしくお願いします♪

ドラムランキングにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
一打入魂♪ ちどり が叩きます
ちどり

管理人:ちどり

プロフィール:15歳でドラムを始める。ドラム教室に数ヶ月通った後は、先輩ミュージシャンから知識を吸収しつつほぼ独学で練習。数々のバンドに在籍し、2009年からはレッスンも開始。現在40代半ば。

最近の投稿
カテゴリー
タグ
最近のコメント
スポンサードリンク




アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ