ドラムの練習 リハーサルスタジオを使うには? ③スタジオに行ってやること

無事個人練習を予約して

いざ!スタジオへ♪

初めてのスタジオ、到着してからどうするの?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

昼でも夜でも「おはようございます♪」

 

 

 

スタジオに行くと

受け付けにスタッフさんが居ます。

これから長くお世話になるかもしれませんし

挨拶はしっかりとしましょう♪

 

 

スタジオに限らずですが・・・

やっぱりスタッフさんとは

良好な関係を築けた方が

お互い気持ちもいいですよね♪

 

 

顔見知りになると、ちょっとした

融通を利かせてくれたりすることもあります(笑)

 

 

少し早めに行っても

「もう部屋空いているから、早めに入っていいですよ♪」

なんて言ってくれる事もあったりします。

※あくまで私の経験上の話ですが

 

 

 

大体スタジオでの挨拶は

時間問わず「おはようございます」です。

 

最近では職場の挨拶としても

出勤時は「おはようございます」って

浸透してきましたけどね。

 

とは言え馴染みのない方も居ると思います。

「昼だけど?」とか「夜なのに?」

とか思わずに(笑)

にこやかに「おはようございま~す」と

言って入っていきましょう♪

 

まぁ、何と言うかは・・・割とどうでもいい話ですが(笑)

 

 

 

 

身分証明書は準備していきましょう

 

 

受付に行ったら、まず予約した氏名を伝えます。

そうするとスタッフさんが予約表を確認してくれます。

 

大体のスタジオは「会員登録」が必要になります。

無料のところもあれば、入会金がかかるところも。

 

ビジター(会員未登録)での利用がOKな

スタジオもありますが、料金が違うこともあるので

そこは使うスタジオのシステムを確認してくださいね♪

 

スタジオには高価な機材や楽器がありますし

身分証明書の提示を求められると思います。

運転免許証・保険証・学生証などでOKです。

 

入会申込用紙に必要事項を記入します。

氏名・住所・電話番号・生年月日

辺りが必須項目で・・・

あとはバンドの有無や簡単なアンケート等の

記入項目があるところもあります。

 

入会金やスタジオ利用料の支払いは

練習を始める前に先に行うところ

練習が終わってから後で行うところ

あると思います。

こちらもスタジオのシステムを確認してくださいね♪

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

え?マイク?何のために???

 

 

受付で聞かれることがあるのが

「マイクは(何本)使いますか?」

ということです。

 

スタジオの中に最初からマイクを

置いてあるスタジオもありますが

受付で貸し出すシステムのところは

「マイクを使うかどうか?」を

聞いてくれます。

 

最初は「え?なんで?ドラムの練習するのに

マイクって必要なの?え?え?」

戸惑うこともあるかもしれません。

 

ドラムの練習には

基本的にマイクは必要ありません

 

・・・では、なぜ聞くのか?

マイクを使うのはどういう場合か?

 

 

♪ボーカルの個人練習の場合

 

個人練習に入るのはドラマーばかりではありません。

そして「個人練習の予約が入っている」という事は

スタッフさんも把握しています。

 

ですが「その人が何の個人練習をするのか?」までは

把握していないことが多いです。

なのでマイクを使うかどうかを確認してくれます。

 

 

♪楽器を演奏しながらコーラスをやる場合

 

ドラムを叩きながら、またギターやベースを弾きながら

同時にコーラスをやる時は、マイクが必要になります。

楽器を演奏しながらボーカルもやる、なんて場合もあります。

 

上でも書いた様に、スタッフさんは

「この時間の予約は個人練習だ」ということは

把握していますが、その内容までは分かりません。

 

あなたが予約の電話をした時に

「ドラムの個人練習をしたい」と伝えていたとしても

「コーラスの練習をやるかどうか」までは

分からないので、マイクを使うかどうかを

受付時に確認をしてくれるのです。

 

 

 

という事で、とりあえず

ドラムの練習をするためだけであれば

「マイクは必要ないです」と答えましょう♪

 

 

この辺りも、顔見知りになってくると

「いつもどういう練習をしに来る人か」を

覚えてくれたりするので

「マイク・・・は要らないですよね♪」って

会話になったりもします。

 

些細なことですが(笑)

私の場合はこういうの「嬉しいな♪」と感じますね♪

 

人によっては気恥ずかしい・・・って

感じる方もいらっしゃるでしょうけど(笑)

 

あなたはどっち???(笑)

 

 

あれ?どこだっけ?

 

 

スタジオによって、部屋数は様々です。

AとBとか、1と2とかの

二部屋しかない小さいスタジオもあれば

ビル丸ごとスタジオになっていて

20部屋くらいの個室があるところもあります。

 

 

大体予約の電話をした時に

「●月●日、●時から●時間、●スタジオで予約承りました」

という感じで、確認をしてくれるのですが

受付の時にも「ちどり様~、●スタジオでーす」

教えてくれます。

 

 

初めてスタジオに行く時は

緊張していて「ハイ!ハイ!」なんて

返事はしていても、ちゃんと聞いていなかった(笑)

なんてこともあります。

 

 

その日に「どのスタジオに入るのか?」

スタジオの番号はきちんと確認しておきましょう♪

 

 

 

私がやらかした話なのですが(笑)

 

部屋数の多いスタジオを使わせてもらった時のこと。

 

アルファベットのA・B・Rという、3種類の頭記号と

数字の部屋番号を組み合わせて、部屋の名前が決まっていまして。

 

本当は「R-2スタジオ」を予約していたのに

受付の人の話を適当に聞いていて

「B-2」と勘違いしちゃって。

 

他の方が練習している「B-2」の扉を

思いっきり開けてしまい

お互い「えっ?」って固まる、という(笑)

そんなご迷惑をおかけした事もありますので・・・

 

みなさまお気をつけくださいね(笑)

 

****************************************************************

 

 

なかなか実際楽器を触るところまで

話がたどり着きませんが(笑)

 

いや、初めてスタジオに行く時って

ちょっとしたことがわからなくて

戸惑うこともあると思うんです。

 

あとは、よく分からないから

行きたいのに予約できない、という

恥ずかしがり屋さんもいらっしゃるかもしれないし(笑)

 

どうでもいいような

小さいことも、前もってわかっていたら

安心かな~♪と思って

自分のスタジオ初体験の時を

思い起こしながら書いております♪

 

 

 

次回はコチラ↓やっとスタジオに入室します(笑)

 

ドラムの練習 リハーサルスタジオを使うには? ④いざ!入室♪

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています♪

ぽちっ♪と応援よろしくお願いします♪

ドラムランキングにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
一打入魂♪ ちどり が叩きます
ちどり

管理人:ちどり

プロフィール:15歳でドラムを始める。ドラム教室に数ヶ月通った後は、先輩ミュージシャンから知識を吸収しつつほぼ独学で練習。数々のバンドに在籍し、2009年からはレッスンも開始。現在40代半ば。

最近の投稿
カテゴリー
タグ
最近のコメント
スポンサードリンク




アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ