ドラムを叩く時の左足リズムをとった方がいい?動かない左足の練習のコツ

ドラムを叩く時は「左足でリズムをとるといい」と聞くし

上手なドラマーの映像を見ると確かに左足でリズムを取っているように見えますよね。

 

「じゃあやってみよう♪」と思っても・・・

他の動きにつられてしまったりしてうまく動かせない事が多いのです。

 

左足でリズムをとることの意味や、思うように動かせない時の練習のコツをご案内します♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドラムは左足でリズムをとったほうがいい?

 

「左足でリズムをとったほうがいいのか?」という事の結論を先にお伝えします。

 

「ハイ。とったほうがいいです。」

 

 

 

ドラムを叩く時の左足のポジションは、ハイハットと呼ばれる2枚のシンバルの

「スタンドのペダル部分に乗せた状態」が基本になります。

 

この左足。

ハイハットの開閉をしない時はベッタリとペダルにつけたまま

という初心者の方は多いのではないでしょうか?

 

私もドラムをやり出した時は、とにかく他の事で頭がいっぱい!

手もいっぱい!右足もいっぱい!という状態でしたから

「左足?知らんわ!」っていう感じでした(笑)

 

ですが冒頭でもお話した通り、どうも上手なドラマーの動きを見ていると

ハイハットの開閉をしていなくても、左足が動いているんですよね。

 

「なんかカッコイイ!うむ。これは私もチャレンジせねば!」

と見よう見真似で練習を始めたのですが・・・

 

いやコレドラムの役割に深く関わるとっても大事なことでした。

 

 

 

 

ドラムのリズムキープ左足の役割は?

 

ドラムはバンドの「土台である」という話は、色んな記事でクドクド言ってますが

クドクド記事はこちら→ドラムの役割とは? バンドにおけるドラムの役割

役割を果たすための基本となるのは「リズムキープ」になります。

一定のリズム(テンポ・速さ)で叩かないと、他の楽器が演奏をあわせることが出来ないですよね。

 

とは言え、なかなか「一定のリズムで叩き続ける」のは難しい物。

特に初心者のうちは、自分では一定のリズムで叩いているつもりでも

とにかく全てが必死なので(笑)

速くなったり遅くなったりしてしまうことが多いです。

 

あ。

 

よく「自分はリズム感がない」と言う人がいますが

リズム感というのは産まれ持った才能もありますが

訓練(練習)で鍛えることが出来るものです。安心してくださいね!

 

 

 


 

 

 

さて。

何を当たり前の事言ってんだ?って話なのですが・・・

 

ドラムって、太鼓やシンバルが沢山ありますよね?(笑)

 

その複数の太鼓やシンバルを、一定のスピードで叩いて演奏するのが

「DRUMS」←複数形ですよね。

そして、その速度を保つことを「リズムキープ」と言うのですが

初心者のうちは「右手のハイハット」をリズムの基準にすることが多いんです。

 

8ビートって「ドンタンドドタン」と叩きますが、このリズムの中で

右手で叩くハイハットは、ずっと「チチチチチチチチ」と刻んでいるので

リズムキープの基準にしやすいんですよね。

 

でも、曲の中には「オカズ」が出てきたり

「ブレイク」と呼ばれる音の無い(叩かない)箇所が出てきたりします。

そして、その間も「リズムは一定の速さで流れて」います。

そういう部分も全部含めて、リズムキープをしなければなりません。

 

演奏している時の「リズムの基準」を右手のハイハットに委ねてしまうと

「オカズ」や「ブレイク」で、右手が違うことをやっている間に

「リズムの崩れ」が起きやすくなります。

 

そこで出てくるのが「左足」

左足はハイハットの開閉をする以外にも

「基準を刻み続ける」という役割を担っているんです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ドラム初心者の左足練習方法のコツ♪

 

ということで「ヨシ♪じゃあ左足でリズムを刻もう♪」と思っても・・・

先ほどお伝えしたように初心者のうちは「他の事」で忙しいもの(笑)

いきなり「リズムの基準」にはなってくれません。

 

ではどうするか?

 

まずは先ほど言った8ビートの「ドンタンドドタン」の

スネアを叩いている「タン」の部分。

2拍目と4拍目に左足でリズムをとる事から始めてみましょう。

 

 

あっ!ちょっと待ってください!

 

 

左足は「ハイハットのペダルの上」に置いているので

不用意に動かすと、ハイハットが中途半端に開いてしまい

「チチチチチチチチ」ではなく「ジャジャジャジャジャジャジャ」と

音の粒が荒くなってしまうので気をつける必要があります。

 

そのための足の使い方をご説明しますね。

 

普段「足でリズムを刻んでみて」と言われたら(あんまり言われないけど。笑)

かかとを付けた状態で指先の方をパタパタと動かしますよね?

 

でもドラムでリズムキープするための左足の使い方は、その逆。

足先を地面(と言うかペダル)にくっつけたまま

かかと側を動かすように使います。

 

 

 

drum-left-foot

↑赤で囲った部分は、ずっとペダルに接地させること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このことに気をつけて、まずは8ビートのスネアの部分で

リズムを取るところから始めてみましょう。

 

 


 

 

そして、次に「オカズ」の部分では

拍の頭「1・2・3・4」で左足を刻む練習をします。

 

「叩いているオカズ」がきちっと小節の中にはまっているか?

ということを意識してくださいね。

 

「左足を動かすことが目的」ではなく「左足でリズムをとる事が目的」なので

そこはお間違えなくです。

 

最初のうちはなかなか難しいかもしれませんが、練習のたびに意識していると

そのうち無意識に左足でリズムを刻めるようになります。

 

頑張ってやってみてくださいね♪

 

 

左足でリズムキープ まとめ

 

「どうやってリズムキープするか?」という考え方は

ドラマーによって個人差があります。

 

今回左足の役割や使い方の説明として「左足でリズムキープ」

という表現をしていますが、実際私も叩く時は「左足と言うか体全体」で

リズムキープしている感じです。

 

ただ、初心者だった時のことを思い返してみると

まずは「左足でリズムを刻む」ところから始めたんですよね。

 

コレが自然に出来るようになると、曲全体を通して

大きくリズムが崩れてしまうということは

ほぼ無くなります。

 

そして体でリズムを作り出せるようになり

「リズムに命が吹き込まれて」いきます。

いわゆる「ノリが出る」ってヤツですね。

 

逆に、他のドラマーを見た時に(個人的な意見ですが)

「決して下手じゃないんだけど、なんかリズムが死んでる」

と感じる場合、往々にして左足はペタッと置いたまま

という事があるんですよね。

 

生き生きとしたリズムを出して

そこに他の楽器がうまく絡まって

曲に良い「うねり」が出ているバンドは

見ていて「つい体が動いてしまう」もの。

 

始めたばかりの時は、正直「それどころじゃない!」って

感じだと思いますが、最初から意識していくことは大事です♪

 

 

言葉だけで伝わりにくい部分も多かったとは思いますが

少しでも参考になれば幸いです。

 

何か分からないことなどありましたら

気軽にコメントやメッセージ下さいね♪

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

こちらも参考にどうぞ♪

 

ドラムの役割とは? バンドにおけるドラムの役割

ドラム上手くなりたい! 「一瞬で変わる事」と「積み上げる事」

ドラムが上達しない人は練習のやり方が間違っている?基本をすっ飛ばしてないですか?

 

 

 

ブログランキングに参加しています♪

ぽちっ♪と応援よろしくお願いします♪

ドラムランキングにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ
 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
一打入魂♪ ちどり が叩きます
ちどり

管理人:ちどり

プロフィール:15歳でドラムを始める。ドラム教室に数ヶ月通った後は、先輩ミュージシャンから知識を吸収しつつほぼ独学で練習。数々のバンドに在籍し、2009年からはレッスンも開始。現在40代半ば。

最近の投稿
カテゴリー
タグ
最近のコメント
スポンサードリンク




アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ