ドラムペダルの持ち運び 私はこうしてます! 【使用ペダル YAMAHA FP702】

ドラムペダルって持ち運ぶのに困りますよね。

今回は、私のペダルの持ち運び方法を紹介します。

スポンサーリンク

 

 

ペダルケースは使っていません

 

とにかく荷物をコンパクトにしたかった

 

今は、電車移動が多くなりましたが

一時期バイクで移動していたんです。

 

400ccのバイクだったので楽器や荷物は

シートにくくりつけたり

リュックに入れて背負ったりしてました。

 

スネア・ペダル・スティックに自分の荷物。

結構な量で「配達か何かですか?」状態(笑)

 

とにかく荷物をコンパクトにしたかった。

 

 

同じペダルをコンパクトに持ち運んでいる人発見!

 

ある日のライブで、対バンのドラマーさんが

巾着袋からペダルを取り出すのを見かけました。

 

「え?巾着袋!?」と思いながら見てみると

私と同じペダル。

 

↓ちなみにコレです。YAMAHAの名器♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YAMAHA FP720 ベルトドライブ ヤマハ シングルペダル 【WEBSHOP】【YRK】
価格:14688円(税込、送料別) (2017/12/9時点)

 

 

 

 

 

さっそく真似をしてみる!

 

「なるほど!畳むという手があったか!」

と思い、早速まねっこ(笑)

 

あら~♪こんなにコンパクトに♪

 

・・・袋にゴミ付いてますけど(笑)

 

最初は、ペダルに悪影響は無いのかな?と

ちょっと心配でしたが

その後20年近くこの形で持ち運んでいても問題なし。

 

YAMAHAの名器 FP720だから出来る

持ち運び方ではありますが便利♪

 

その他の楽器の運び方はコチラ↓

ドラム持ち運びのケース スネアとシンバルはカートで運ぶべき?雨の日は?

 

 

 

たたみ方(笑)紹介

 

 

外す場所は2箇所

 

サイドのバネと・・・

 

 

 

下の棒の部分

 

 

この2箇所を外して、コンパクトにして運んでいます♪

 

 

 

 

まずはバネから

 

丸を付けた部分のコレを・・・

 

 

 

この状態に。

 

 

そうすると、ビーター部分が

フットボード側に倒れてきます。

 

 

 

この時ベルト部分がこうならないように注意!

 

 

 

 

↓まっすぐにしておいて下さいね。

 

 

 

 

次に下の棒を外します

 

この部分を外します。

 

 

 

左右ともに、この穴に入っているので・・・

 

 

 

手でグッと握って・・・

 

 

 

外れました。

 

 

 

ぺたんこ。

 

 

 

袋にイン出来るサイズになりました♪

 

スポンサーリンク

 

パーツをなくさないように注意!

 

2箇所を外すとコンパクトにはなるのですが

引っ張って固定されていた部分が緩むので

外れやすいパーツがあります。

 

無くなるとペダルが使えないので

気をつけましょう♪

 

 

一番無くしやすいのはココ

 

最初に外したこの部分

 

 

 

外すと ぷらーん

 

 

 

このパーツ、スプリングから外れやすいです。

 

 

 

無いっっっ!!!!(笑)←笑い事じゃない。

 

 

袋に入れる時、袋から出す時気をつけてくださいね。

巾着袋の中で外れてしまうので

セッティングしようと思って「無い!」と

何度も焦りました(笑)

 

 

 

ペダルをたたまなくても紛失しやすいパーツ

 

ペダルをたたむ・たたまない

に関係なく外れやすいパーツもあるので

一緒に説明しておきますね。

 

 

 

ペダル本体をバスドラに固定するためのネジ

 

コレも気が付くと無かったりします。。。

 

 

今は、そもそも外れないような構造になっている

ネジもあるようですが、私の古いFP720は外れます。

 

ペダルを使い終わったら

面倒でも、少し締めておくといいですよ♪

 

 

スプリング調整のココも注意

 

ココも同じく気をつけておいたほうがいいパーツ

 

スプリングを調整するこの部分

 

スプリングからつながっているボルトを

ナット2個で固定するようになっています。

 

一旦調整が出来てしまえば

そんなに頻繁に触ることも無いとは思うのですが

いつのまにか緩んで無くなっていたりします。

↑経験者^^;

 

こちらもたまに確認しておくといいと思います♪

 

 

滑り止めの とんがりネジ

 

人によっては使っていないこともあるこのネジ。

 

これもいつの間にか脱落する可能性ありです。

スプリングをかましてあるので

外れないと思いきや・・・

大分長いこと使っている間に

スプリングが劣化してきたようで

私は、一回無くしました^^;

 

見つからなくて・・・練習用のペダルから

流用したままになってます(笑)

 

 

まとめ

 

◆YAMAHA FP702はコンパクトになる

◆20年近くこの状態で運搬していますがトラブルは無し

◆ただし、パーツの脱落・紛失には注意!

◆たたまなくても、FP702以外でも紛失しやすいパーツに注意!

 

私は、この状態でリュックに入れて

背負って持ち運んでいますが・・・

背中に当たると痛いんですよ(笑)

 

なので、リュックの背中側から

1.楽譜のファイル

2.スティックケース

3.畳んだペダル

という順番で入れるようにしています。

 

専用のペダルケースに入れるのが

きっと楽器のためには一番いいと思うんですけどね(笑)

私も使ってましたし。

ドラムペダルケースの選び方

 

冒頭に書いた様に

バイク移動をしていた時に

とにかく荷物を小さくしたくて(笑)

この状態になりました。

 

電車移動になった今も変わらず。

最初の頃はパーツが外れて

焦ることもありましたが^^;

それ以外トラブルも無いので

今後もこの状態で持ち運びます。

 

FP702はベルトドライブですが

チェーンドライブのペダルの場合は

専用ケースのほうがいいかもしれませんね。

 

ということで、あなたの参考に・・・

なるかどうかは微妙ですが(笑)

私のペダルの持ち運び方でした♪

 

 

 

ブログランキングに参加しています♪

ぽちっ♪と応援よろしくお願いします♪

ドラムランキングにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
一打入魂♪ ちどり が叩きます
ちどり

管理人:ちどり

プロフィール:15歳でドラムを始める。ドラム教室に数ヶ月通った後は、先輩ミュージシャンから知識を吸収しつつほぼ独学で練習。数々のバンドに在籍し、2009年からはレッスンも開始。現在40代半ば。

最近の投稿
カテゴリー
タグ
最近のコメント
スポンサードリンク




アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ