ドラムペダルの持ち運び ケース選びのポイント

ドラムペダル、スネアドラム、スティック

それから自分の荷物。

ドラマーって、練習やライブに行くのに

「やたらと荷物が多いんじゃ~っ!」(笑)

 

ドラムペダルのケースの種類や選び方

注意点などを説明します♪

スポンサーリンク

ドラムペダルって変な形

 

 

そもそも、ドラムペダルって変な形ですよね。

ざっくり言うと三角柱を倒した形なんだけど

ビーターは出っ張っててビヨビヨ動くし。

 

ビーターとは↓

バスドラを打つフェルトなどの付いた棒の部分

 

 

結構重たいから頑丈そうな気もするけど

細かいパーツもあるから

下手な運搬をして壊れないかも気になるところ。

 

必要なものではあるけれど・・・

正直持ち運ぶのに困る楽器ですよね(笑)

 

 

ドラマーの楽器運搬 関連記事

ドラム持ち運びのケース スネアとシンバルはカートで運ぶべき?雨の日は?

 

 

 

専用のケースはやっぱり便利

 

いまは、色々なタイプの

ドラムペダルケースがあるので

お金の余裕があるなら

専用のケースを買うのがいいと思います。

 

専用に作られたものだと

形も無駄が無いし

ペダルを保護するために

考えられた設計になってます。

 

 

 

ケースの種類

 

では、実際にどんな種類のものがあるのか

見ていきましょう。

 

 

手軽なのはソフトケース

 

金額的にも一番手軽に購入できるのがこのタイプ。

 

シンプルにペダルのみを入れるものから

バッグの横にサイドポケットがあって

ちょっとした小物を収納できるように

なっているタイプも。

 

このタイプは、かさばらないのが利点!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TAMA DPB100【シングルペダルバッグ】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/12/3時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kikutani DPB-1 [シングル・ペダル・バッグ]
価格:3456円(税込、送料別) (2017/12/3時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Pearl PSC-SPB
価格:2506円(税込、送料別) (2017/12/3時点)

 

 

ただ、肩掛け用のストラップの有無は

気にしておいた方がいいです!

 

ストラップの無いタイプは

手で持つことになります。

他の荷物の量や、傘をさす時の事なども

考えておくといいですよ。

 

 

頑丈さで言うならハードケース

 

振動や衝撃にも耐えられるのはこのタイプ。

 

車に積んだり、キャリーに乗せたりする場合

「他の楽器や荷物を、ペダルの上に載せたい」

という事があると思います。

そんな時はハードケースタイプを選びましょう。

 

このタイプは、頑丈なのが利点!

 

 

 

 

ただ・・・

ペダルだけのハードケースは

種類が限られているのが残念!

 

意外と需要が無いんですよね・・・。

手持ちするには重たくなっちゃうし

車に積むとなると、ペダルだけではなく

他の楽器も一緒に収納できるタイプになります。

次に紹介しますね。

 

 

その他のタイプ

 

ペダルを持ち運ぶ以外の

機能が付いた色々なタイプ。

 

ドラムを始めて最初に購入する楽器は

スティック、次にペダルというのが

一番多いパターンですが・・・

次に買うのはスネアになると思います。

 

ペダルとスネアを同時に運ぶのって

結構大変ですが便利な物も色々あります。

 

ひとつに纏められるのが利点!

 

 

 

リュックになっていて背負えるタイプ。

両手が空くので便利ですね。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Pearl PSC-SPCA [スネア&ペダル用キャリングケース]
価格:12528円(税込、送料別) (2017/12/3時点)

 

キャリーが付いているので

重たい楽器でも移動がラクラク。

それぞれ外して使えます。

 

 

他にも・・・

スネア&ペダルハードケース キャスターなし

 

スネア&ペダルハードケース キャスター付き

 

↑ハードケースの同時収納タイプもあります。

※写真が無くてすみません ^^;

 

スポンサーリンク

選び方のポイント 移動手段は何ですか?

 

色々なタイプを紹介しましたが

選ぶ時のポイントは、ズバリ!

あなたの移動手段は何か?

ということです。

 

 

車で移動するなら ハードケース

 

荷物の積み下ろし以外は

重くたって大丈夫~♪

車移動がメインのあなたには

衝撃に強いハードケースタイプがオススメ!

 

ソフトケースだと、置く場所を選んだり

下手するとペダルが破損することも

考えられます。

 

その点、ハードケースなら

上に物を置いたり、スペースに合わせて

縦にしたり横にしたりしても

急ブレーキをかけて多少荷台の荷物が

乱れても安心。

※そんな事は無いのが一番です!

安全運転を心がけてくださいね!

 

 

 

 

徒歩・電車移動なら ソフトケースorキャリータイプ

 

荷物の運搬で練習する前に疲れちゃう!

雨の日は傘もさすから尚大変!!

徒歩や電車の移動がメインのあなたには

ソフトケースかキャリータイプがオススメ!

 

 

選ぶポイントは荷物の軽量化と

手が空くかどうか!コレです!(笑)

 

練習に行く日は、晴れの日ばかりでは無い!

メンバーに雨男・雨女が居たりすると

練習のたびに雨だったりします!

(↑経験談!ホント迷惑なんです!笑)

 

そんな時も、スネアと一緒に入れられて

リュックのタイプだとかなり楽です!

 

自宅やスタジオの場所が

駅から離れているなんて場合には

キャリーのタイプは楽です。

持ち上げて持って歩くことを考えると

ホント天国!(笑)

 

 

 

タイプ別 選ぶ時の注意点

 

それぞれのタイプに利点もありますが

購入前に気をつけるべき難点もあります。

あなたの移動手段・経路と照らし合わせて

便利なものを買えるように、注意点を纏めました。

 

 

ハードケースタイプ

 

ソフトケースに比べて

種類が限られてしまうのと

重量が重くなるのが難点。

 

移動は車だけど、駐車場から

スタジオまでの距離がけっこうある場合は

キャリー付きタイプが便利だったりもします。

 

 

ソフトケースタイプ

 

ソフトケースの場合は

肩にかけるストラップの有無

 

スネアのケースも手持ち。

ペダルのケースも手持ち。

スティックケースも手持ち。

自分のかばんも手持ち。

 

改札口についてもスイカやパスモを

取り出すのも一苦労!

しかも、そういうときに限って

「ピンポーン♪チャージしてください!」

とか言われちゃいますから(笑)

 

一緒に運ぶ他の荷物も考えて

片手は空けられるようにしましょう。

 

 

キャリータイプ

 

平地では天国気分のキャリータイプ。

ただ、気をつけたいのは階段

 

エスカレーターもエレベーターも無いと

天国から一転。地獄です(笑)

 

あなたが移動する経路の中に

「階段しかない場所」があり

その場所や段数が多い場合は

キャリータイプは避けた方が無難です。

 

それともう一点。

 

使い方にもよりますが

キャリー部分は破損しやすいです。

ケースと一体型の場合

キャリーが壊れただけで

買い直さなければいけないとなると

無駄な出費に感じますよね^^;

 

移動する道が「凹凸が多い場合」は

車輪にかかる負担が大きくなるので

気をつけて選びましょう。

 

 

ペダルケース選びのまとめ

 

専用ケースはとても便利ですが

使う人次第で「コレは使いづらかった!」

となることもあります。

 

楽器運搬が大変で練習前に疲れてしまわないように

あなたに合ったケースを選んでくださいね♪

 

 

◆ペダルだけ収納するのか?

他の物も一緒に仕舞えた方が便利なのか?

 

→持ち歩く荷物全体のバランスを考慮しましょう。

 

 

◆移動手段は何なのか?

 

→車移動と、電車・徒歩移動では、便利なケースの形が変わってきます。

 

 

◆道の凹凸や階段の有無を確認。

 

→移動経路に地獄エリアや車輪に負担がかかる場所が

無いかどうか確認しておきましょう。

 

 

◆悪天候の日の移動も想定しましょう。

 

→練習の日に雨や雪が降ることも想定しておきましょう。

 

 

***********************************************************

 

 

私も何種類かのペダル専用ケースを

使ってきました。

「あー、コレは無駄だった」ってこともありました。

 

この記事を、あの頃の私に読ませてあげたい!(笑)

 

移動手段もその時々で変わりました。

最初は電車・徒歩ばかりでしたが

車のみで移動していた時期もありました。

最近は、半々ぐらいですかね。

 

いや・・・

練習やライブの後に、一杯やりに行くこともあるので

電車の方が多いかも?(笑)

 

そうなると、便利な形も変わってきます。

 

次回は・・・

私のペダル持ち運びの話を。

「コレかよ!!」ってなるかもしれませんが^^;

 

コチラです↓

私のペダル持ち運び方法

 

ブログランキングに参加しています♪

ぽちっ♪と応援よろしくお願いします♪

ドラムランキングにほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
一打入魂♪ ちどり が叩きます
ちどり

管理人:ちどり

プロフィール:15歳でドラムを始める。ドラム教室に数ヶ月通った後は、先輩ミュージシャンから知識を吸収しつつほぼ独学で練習。数々のバンドに在籍し、2009年からはレッスンも開始。現在40代半ば。

最近の投稿
カテゴリー
タグ
最近のコメント
スポンサードリンク




アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ